テレビの内容を記事にすることについて

最近、二次創作のような記事があまりにも多いような気がする。現在も流行っているキュレーションサイトなどは既存の記事を流用し、まとめているだけで記事として成立させている。また、yahooニュースではよくバラエティ番組などで発表した内容などをそのまま記事にしている。果たして、それが記事としての質を担保しているのかは甚だ疑問である。情報を拡散するという意味では
有用なのであろうが、記事の信ぴょう性については安心できない。DeNAの会見で会長の南場さんは情報を調べるときは学術論文を読んでおり、自社のwelqなどの記事に愕然したと発言していた。それは、記事としてあまりに信頼できる内容ではなかったということであろう。CNNやAFP通信などは自社で記者を抱え、記事の信ぴょう性について裏付けをしているので、記事として信頼にたるものであるが、yahooなどは専門的な人がかけているために信ぴょう性の低い記事をwebの世界に発信してしまっているのである。また、多くの人は読みやすいま止められた二次創作の記事を読むために誤った情報が世に出回ってしまうのである。本来は情報を受け取る側の精査する能力も必要なのだが、精査する能力を持っている人はごく少数なのも事実である。そこで発信する側の責任というものも必要なのである。そしてそれは大きなメディアも運営している企業にとっては必須である。オリックス銀行カードローン 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>